« もしもチャレンジの初月号が来た | トップページ | 新商品から選ぶ »

2013年7月10日 (水)

商品に詳しかったり、思い入れが無くてもいい

 こんにちは、神谷です。

 なんで、こんなにも商品選択ができなのだ、やり方が間違っているのか?

 どうも、レビュー型の記事を基にしたフィリエイトと言うのは、商品の使用感とか、思い入れを書いて、商品を買っていただくのだが、ドロップシッピングと言うのはそれとは違うのではないかという事に考えが至る。

 要するに、「欲しい人に、情報を提供して、買っていただく」という事なのだ。

 だから、リスティング広告⇒販売ページ⇒購入、と言う流れを作ればいいんだ。

 という事で、上位50からリスティング広告の少ないものを選んで、商品を選択すればいいのだ。

 商品知識や想い入れはあるに越したことはないが、なくても、上記の流れは作れるのではないか。

 という事で、上位50からリスティング広告がどれくらい出ているかをリストアップする。

 そうしたら、ほとんどが、たくさんリスティング広告が出されていて、なおかつ、Amazon等は、もしもよりも安い価格が設定されている。

 かなりガンバッたつもりであるが、めぼしい商品はほとんど見つからず、さらに疲労度が増す・・・

« もしもチャレンジの初月号が来た | トップページ | 新商品から選ぶ »

ドロップシッピング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567714/57749656

この記事へのトラックバック一覧です: 商品に詳しかったり、思い入れが無くてもいい:

« もしもチャレンジの初月号が来た | トップページ | 新商品から選ぶ »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ